容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

選択科目・基礎物理学の出題傾向

  1. 2009/07/01(水) 20:11:34|
  2. 物理工学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
7月26日の弁理士試験選択科目試験まで、あと1月を切りました。

このブログでは、選択科目で、理工II(数学・物理) 基礎物理学を受験しようと考えている方へ、予備校講師の田原真人が役立つ情報を発信しています。

今年から、試験内容が変更になり、試験時間も90分と長くなりました。
今まで、大問1問でしたが、2問になる可能性もあります。

ここでは、2問出題されるという前提で話をしたいと思います。

大問が2問になる場合、一番出題の可能性があるのは、ここ3年間、連続して出題されている「剛体の回転」です。

過去5年間で3回出題されているわけですから、出題確率は5割を超えています。
2問出題される場合、変更後の1回目であることも考えると、「剛体の回転」が出題される可能性は非常に高いと思います。

問題は、もう1題がどこから出題されるかです。

大学の編入試験などでは、「剛体の回転」と並んで出題頻度が高いのは、「振動」です。
減衰振動
臨界振動などのうち、どのような振動が起こるのかを、微分方程式の解を分類して判断する問題です。

もう一つ、出題されやすいのは、質点系の運動です。物体系の運動を、重心系と相対系にわけて運動を分析します。ばねにつながれた2物体の問題が、弁理士試験の過去問で出題されていますので、要注意です。

というわけで、テーマを絞って対策を立てるとしたら、「剛体の回転」「振動」「質点系の運動」の3つがよいと思います。

弁理士試験・選択科目の短期集中対策はこちら

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benrishi.dtiblog.com/tb.php/1-e4ecd39c

DTIブログって?